もっと明るく、もっと快適車・バイク用 LED HID 販売

HIDヘッドライトのデメリットはありますか?

HIDバルブにはハロゲンやLEDには無い高ケルビンのバルブがあり、ケルビン数は高くなるほど青白い光になりますが、青白い光はファッション性が高い反面、雨の日や雪の日、霧の発生時等に視認性が悪くなるデメリットがあります。
雨や霧には黄色い光が効果的ですので梅雨時期や雪が多い時期は3000KのHIDフォグランプをオススメします。

※HIDはかなり明るいため、光軸が上向きだと対向車には眩しく迷惑がかかります。
交換時は光軸調整を忘れないよう、注意が必要です。

【補足】
安価なHIDは品質が良くなく、光軸がとれない、最初から暗い、直ぐに故障する、アフターサービスが無いなど、後悔するパターンが多いです。
購入の際は信頼できる業者かどうか、しっかりご検討ください。

最終更新: 2020-04-09  
このQ&Aはお役に立ちましたか?
役に立った
役に立たなかった
0人中0人が役に立ったと言ってます

お役に立てず申し訳ございませんでした。
よろしければ理由をお聞かせください(任意)

スパム対策の為、足し算の答えをご入力の上、ご送信下さい + =

問題が解決しない場合はお問い合わせよりご連絡ください。