もっと明るく、もっと快適車・バイク用 LED HID 販売

壊れるまで連続点灯してみた

この記事は約6分で読めます。

壊れるまで連続点灯してみたを紹介します。

闇営業 宮迫博之の契約解消で飛び火か…

 振り込め詐欺グループのパーティーで「闇営業」していたことが発覚し、謹慎処分を受けていたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)。吉本興業は19日、宮迫とのマネジメント契約を解消したことを発表した。事実上の解雇であり、宮迫はこのまま芸能界を引退することになりそうだ。

見出しH3

えええええええええ 「宮迫が闇営業でギャラを受け取っていないと嘘をついたこともありますが、決定打になったのは、同日に発売された写真誌フライデーに、宮迫の〈半グレ金塊強奪犯と『ギャラ飲み』現場写真〉をスッパ抜かれたからです」(在京キー局関係者) ええええええええええ

詳細は同誌に詳しいが、 詳細は同誌に詳しいがあああああああああああ

 詳細は同誌に詳しいが、宮迫が一緒に飲んで謝礼を受け取る「ギャラ飲み」をした相手が悪すぎた。2016年7月に福岡市で起きた7億6000万円金塊強奪事件の主犯格、野口和樹被告(43)らのグループというのだ。宮迫は、野口被告らと一緒に“記念写真”も撮っていた。

金塊強奪事件の3週間後

「撮影されたのは、金塊強奪事件の3週間後。当時は宮迫も、野口被告が実行犯であるとは知る由もなかったでしょう。しかし、野口被告はその頃すでに、名古屋市を拠点にする半グレ集団のリーダー格で、山口組の直系組織ともつながりのある有名なワルだった。そういう反社会的勢力と面識があり、ギャラ飲みをしたとしたら、もう言い訳できません。反社との付き合いが常態化していたと疑われても仕方がない」(前出の在京キー局関係者)

 闇営業問題を受け、コンプライアンス遵守の再徹底を表明した吉本興業としては、「宮迫と何度も話し合ったようですが、謹慎処分では済まされないと判断したのでしょう」(芸能プロ関係者)

 そんな宮迫の騒動が“飛び火”しそうな大物アイドルがいるという。アイドルグループ「NEWS」の手越祐也(31)だ。

「金塊強奪事件に関わった疑いで逮捕された会社役員の男性のフェイスブックに、手越と一緒に写った画像がアップされていたことが2017年に発覚。ファンをやきもきさせました。手越サイドは〈面識もないし、名前も知らない〉〈軽率だった〉などとコメントを出し、その後、逮捕された会社役員も嫌疑不十分で不起訴に。事態は収束しましたが、宮迫の一件で、またぞろ話題にされかねない。それでなくても手越は、2018年の未成年飲酒問題など、トラブル続きですから」(前出の芸能プロ関係者)

公正取引委員会から注意

 その手越が所属するジャニーズ事務所は、テレビ局に対する圧力をめぐり、独禁法違反につながる恐れがあるとして、公正取引委員会から注意を受けたばかり。

「今後しばらくは、ジャニーズのタレントが何か問題を起こし、それをあからさまにメディアがスルーしたら、圧力かと疑われかねない。特別扱いしにくくなったテレビ局側も、頭を悩ませているようです」(テレビ誌ライター)

 手越ファンも、気が気でないだろう。

  • 1111111
  • 2222222
  • 3333333
  • 4444444
  • 5555555

ばばばばばふゅふゅfつdyrdtrstr

引用先

7777777777777777

 京都市伏見区にあるスタジオの放火火災事件で被害に遭ったアニメ制作会社「京都アニメーション」(京都府宇治市)の八田英明社長は一夜明けた19日、京都市内で会見に応じ、社員33人が亡くなった事件について「断腸の思い。堪えきれない。こんな大惨事になるとは夢にも思わなかった」と思いを明かした。

そしてそして

 早朝から現場検証に立ち会った八田社長。その合間をぬって本社近くで報道陣に囲まれた。火事の発生直後、「最初はボヤぐらいか」と思ってに現場に駆けつけると、そこは黒煙が立ち上る現場。「車も近づけず、火の手が上がって中に入れなかった。消防隊員の方に“なんで3階に入れないんですか”と言いました。惨状でした」と振り返った。

 被害にあった社員は全国各地から集まったアニメを志すエリートたち。「こんなかたちで将来を閉ざされてしまったことが残念で、残念でなりません」とし「当社にとって、業界にとっても大きな痛手。1人ひとりが優秀で素晴らしい仲間でした」と八田社長は悔やんでも悔やみきれない胸の内を明かした。特に九州地方出身の社員が多く、同社広報によれば近くに社員家族、遺族の待機所を用意して、対応に当たっているという。

最後に

 同社には数年前から脅迫メールが届いていたそうで「監督が気に入らない」「表現がダメ」などの不特定多数からの匿名メールが多く、その都度、京都府警宇治署に相談していたという。「作品に対してのモノで、会社やスタッフへのモノはなかった」(同社広報)。「ネタをパクった」などというメールについては「そういう苦情はなかった」と八田社長は説明した。ただ、数回は宇治署に被害届を提出していたこともあった。本社、スタジオ、ショップの数カ所に防犯カメラを複数設置するなど、対応策をとっていたが「不審者の情報はなかった」(同社広報)という。

 人的被害も大きいが、過去の作画や資料なども「一切合切ダメ」と全てを焼失。「コンピューターも全部ダメ」と明かし「被害金額?甚大です。詳しくは分からない」と八田社長は語った。今後、合同葬を開くかなどについては未定。

0
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。